収入アップを狙えるWeb開発求人「上流企業」

Web開発求人を勝ち取ろう!

Web開発求人を狙え!

やはり上流企業が狙い目!

やはり上流企業が狙い目!

Web開発で高収入を得る

遊びでプログラミングをやっているうちにスキルを身につけたというエンジニアも多いので、コンピューターを趣味としている人は、Web開発の仕事に関心を持って求人をチェックしているかもしれません。せっかく働くなら収入は多い方がいいと思うものですが、求人数が多いのでどのように見極めていけばいいのかが悩みどころです。そこで、収入アップにつながる企業をうまく見つけるコツをご紹介します。

年収は企業規模に比例する

求人を見ていると気づくかもしれませんが、Web開発エンジニアの年収にはかなりの幅があります。例えば、プログラマの仕事でも社員数が100人以下の企業と1000人以上の企業の平均年収には200万円以上もの差があります。具体的には、大手の中堅エンジニアで年収600万円とすると、中小企業は400万円かそれ以下というところです。業務内容にもよるので単純に企業規模だけで年収が決まるとは限りませんが、やはり企業規模が大きくなればなるほど年収が高くなる傾向はあるようです。プログラマとシステムエンジニアを比較すると、システムエンジニアの方がやや年収が高い傾向がありますが、企業規模に比例するのはプログラマのケースと同じです。近年ではブラック企業に対する監視の目も厳しくなっているとはいえ、まだまだ労働環境の悪い企業が存在していることも事実で、残業代もなく年収200万円台という条件の企業もあるので注意が必要です。

年収の差はどう決まるのか

Web開発の仕事内容自体は、どこの企業に行っても大きな違いはありませんが、売れている製品を扱っているかそうでないかがそのまま社員の年収に響きます。Web開発は、元請けから下請け、下請けから孫請け、そしてさらにその下へというように、上流から下流へと仕事が流れていくので、当然のことながら下流へいけばいくほど企業の取り分は減っていきます。この仕組みを見れば、上流の企業に上がるほどエンジニアの収入が高くなるのは一目瞭然ですが、大企業はやはり狭き門でもあります。では、そのような中で高収入の仕事を見つけるにはどうすればいいのでしょうか。

エージェントを活用して高収入の仕事を狙う

インターネットで検索すれば山のように出てくる求人全てに目を通すのは困難です。しかし、転職は大きなライフイベントのひとつなので、自分にとってより良い企業を見つけたいと思うことでしょう。
そこでぜひ活用したいのがエージェントです。エージェントにもいろいろありますが、Web開発の転職であれば「IT転職.biz」がおすすめです。IT転職.bizはIT職専門で、非公開求人も含め数多くの求人案件を保有しているのはもちろん、転職成功に向けて万全のサポート体制が整えられている安心のエージェントです。

IT業界に精通したコンサルタントが当サイトでしか知り得ない情報を駆使し、貴殿のキャリアアップに繋がるコンサルを行います。

https://it-tenshoku.biz/aboutからの引用です。

  • IT転職.biz