Web開発求人を勝ち取るための初心者向け知識

Web開発求人を勝ち取ろう!

Web開発求人を狙え!

初心者向け!これだけは押さえておきたい!

インターネットの活用が生活の一部となってからというもの、Webサービスはどんどん進化し続けています。そこに貢献しているのがWeb開発エンジニアです。Web開発エンジニアの求人は増えており、今後さらに発展していくことが予想される分野とあって目指す人も多いですが、学ぶべきことも多いので初心者は何から手をつけたらいいか迷ってしまうかもしれません。そこで、これだけは押さえておきたいというWeb開発についての知識をご紹介します。

まずは仕事内容をチェック!

まずは仕事内容をチェック!

多くの人は、インターネット上で提供されている数々のサービスがどのように作られているかを詳しく知ることなく、日常生活のあらゆるシーンで活用し、生活をより便利なものにしています。今や便利に使えて当たり前との認識も強いこれらのサービスは、Web開発エンジニア達の努力によって日々新たにされています。では、Web開発エンジニアになるために何をすべきか考える前に、Web開発エンジニアがどのような仕事をしているのかをまずは考えてみましょう。

LAMP(ランプ)

LAMP(ランプ)

Web開発を始めるにあたって、ぜひ知っておきたいのが「LAMP」です。LAMPは、オープンソースソフトウェアの「Linux」「Apache」「MySQL」「Perl・PHP・Python」の頭文字をとった言葉で、無料でWeb開発ができる環境として世界中で活用されています。Web開発エンジニアとして働きたいと考えている人であれば身につけておきたい必須スキルなので、まずは概要を理解するところから始めましょう。

サーバーとクライアント

サーバーとクライアント

Web開発を勉強し始めたばかりの頃は、基礎的なことをしっかりと理解することに力を注いでおくことが大切です。そこで、Webのことをよく理解するために知っておきたいのが「サーバー」と「クライアント」の関係です。これらを理解するには、一般的に使われるサーバーとクライアントに置き換えて考えてみることが有効です。そこで、レストランでのやりとりを例にサーバーとクライアントの関係をわかりやすく解説していきます。

プログラミング言語

プログラミング言語

プログラミング言語には様々な種類があるので、どの言語を習得するかはどんなプログラムを作りたいかによって決める必要があります。Web開発にはサーバーサイドとクライアントサイドがありますが、サーバーサイドの場合はプログラミング言語の選択肢が比較的多く、クライアントサイドは3つのプログラミング言語のみなどの違いもあります。ここでは、Web開発初心者におすすめのプログラミング言語を中心にご紹介していきます。