Web開発求人を勝ち取るための中堅者向け知識「英語力で差をつける」

Web開発求人を勝ち取ろう!

Web開発求人を狙え!

英語力で差がつく!

英語力で差がつく!

Web開発と英語力の関係

Web開発を行うようなIT系エンジニアは高い英語力を持っているだろうというイメージを持たれることが少なくありませんが、実際は英語力がなくてもエンジニアとしての業務に支障はありません。プログラミング言語では英語を多く目にするので意外に思われることが多いですが、英語力はあれば便利とはいえエンジニアの必須スキルではないのです。しかし、Web開発エンジニアとして中堅クラスになってくると、キャリアアップのための転職を考えるようになり、求人を見てスキルアップの必要性を実感することもあるでしょう。
そこでぜひ新たに身につけておきたいのが英語力です。Web開発のスキルに英語が必要ないとはいえ、英語力があることで仕事の幅を広げたり最新の情報を入手したりすることができるようになるのでおすすめです。

英語力があることで受けられるメリットとは

グローバル化が進む今の時代にあって、英語力を持つことのメリットの大きさは多くの人が認める事実です。日本国内でも社員の英語力向上に力を入れる企業は増えており、社内の公用語を英語にするという取り組みに踏み切った企業もあるほどです。ただ、日本語と英語ではコミュニケーションのあり方や表現方法が異なるので、言いたいことのニュアンスがうまく伝わらず、スムーズなコミュニケーションを妨げてしまうというデメリットがあることも確かです。しかし、Web開発エンジニアに英語力が加わると、多くのメリットを享受することができるようになります。
例えば、IT技術に関する最新情報や日本語で調査してもなかなか見つからないような情報でも、英語で探すとすぐに見つかることがあります。そうすると、何か問題が発生した際にもすぐに対応することが可能になり、問題解決力の向上にも役立ちます。英語で発信される情報の多くは、日本語に翻訳されてから後に出回るようにはなりますが、より早く最新情報に通じることができるのはエンジニアにとって魅力的です。

英語でコミュニケーションが取れるとできること

近年では、日本のITシステムの開発業務を中国やインドなどの海外に発注するオフショワ開発の動きが活発になってきており、現地のエンジニアとのコミュニケーションや仕様書の作成など、総合的な英語力が必要になる現場も増えてきています。また、英語でのやりとりが基本となるオープンソース開発も英語力があればより参加しやすくなるので、Web開発の仕事の幅をさらに広げながらスキルアップさせていくことができるでしょう。Web開発エンジニアもベテランになれば付加価値が求められるようになるので、プラスアルファのスキルとして英語力アップを目指してみてはいかがでしょうか。