Web開発求人を勝ち取るための中堅者向け知識「営業力」

Web開発求人を勝ち取ろう!

Web開発求人を狙え!

活躍するための営業力!

活躍するための営業力!

活躍できるエンジニアになるために必要なスキル

エンジニアに必要なスキルはIT技術だけではありません。初心者のうちは知識と技術を磨くので精一杯かもしれませんが、中堅者になったら、さらに一歩前へ進むためのスキルを積極的に身につけるようにしていきましょう。Web開発エンジニアの求人は多いので、転職をしようと思えば選択肢はいくらでもあると思ってしまいがちですが、どれだけ選択肢があったしても、エンジニアとして自分にどのような魅力があるのかを伝えることができなければ、希望を叶えることは難しいでしょう。そこで、意識したいのが営業力です。エンジニアとしての実務面だけを見れば営業力はあまり関係がないようにも思えますが、実は大いに関係があります。

エンジニアの営業力とは

ここでご紹介しているエンジニアの営業力とは、外回りの営業を行うようなことを指しているのではなく、営業に不可欠な考え方や行動のことです。例えば、市場におけるニーズを常に把握し、顧客に提案できるだけの自分のアイデアや意見をしっかりと持ち、それらを的確に伝える力をつけていくためには、普段から情報へのアンテナを張りつつコミュニケーション力を鍛える必要があるでしょう。コミュニケーションは一方的なものではなく、双方向でのやり取りが重要なので、相手の話によく耳を傾けながらより具体的な要望を引き出す工夫も大切です。また、場合によっては専門的なことをわかりやすく説明し、相手を説得する必要もあるでしょう。普段からこれらの要素を意識しつつ努力すれば、営業力は着実にアップしていきます。

エンジニアが営業力を身につけるとできること

営業力が身につくと、エンジニアとしてのキャリアに様々なメリットが生じます。顧客の要望を的確に理解することができれば、持っている技術力を最大限に活かして相手が満足する製品を作ることもできますし、転職活動をする場合には、自分の人材価値を面接でわかりやすくアピールすることもできます。

営業力はどうすれば身につくのか

営業という分野に苦手意識を持っていると、あった方がいいことはわかっていても、スキルとして身につけることなど無理なのではと考えるかもしれませんが、営業力は意識して訓練すれば着実に上達させることができます。コミュニケーションを意識すると、何かを話さなければいけないと思い込んでしまいがちですが、そこで本当に必要なのは聞く力です。聞いた話から相手の考えを理解し、様子を観察しながらニーズを把握します。そうすれば、何を話すべきかがまず見えてくるでしょう。話し方のコツは専門書や勉強会などを活用して勉強できます。また、営業力のある人に方法を聞いたり、仕事の様子を観察させてもらったりしてみてもいいでしょう。